モーニング公式サイト

会長 島耕作

モーニング掲載
 感想をおくる

最新単行本

ネット書店で探す

電子書籍を探す

作品紹介

入社43年。総合電機メーカー「テコット」の会長に就任した島耕作。
社業は基本的に社長の国分に任せ、日本の国益のために邁進する決意をした島には、ある巨大な壁が立ちはだかっていた。
ひとつは海外電機メーカーの躍進。
もうひとつは長年にわたって経済界を支配してきた「財界」。
65歳を過ぎて、「財界」の大物たちにイビられつつも奮闘する島耕作。
そこには一人の人間が、ゆずれないものを守るため闘う姿があった。
「永遠の恋人」を誓った大町久美子との入籍も果たしたスーパービジネスマン・島耕作に用意されたステージは過酷かつ大きなやりがいのあるものとなる——。

著者紹介

弘兼憲史 ひろかね・けんし

1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、74年漫画家デビュー。

85年『人間交差点』(原作 矢島正雄)で第30回小学館漫画賞青年一般部門、91年『課長 島耕作』 で第15回講談社漫画賞一般部門、2000年『黄昏流星群』 で第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、03年同作で第32回日本漫画家協会賞大賞を受賞。07年には紫綬褒章を受章している。

主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』 『加治隆介の議』 など多数。現在は『社外取締役 島耕作』(「モーニング」)、『黄昏流星群』(「ビッグコミックオリジナル」)を連載中。

Twitter


NEWS


シェアする