モーニング公式サイト

風太郎不戦日記

モーニングで連載中!
 感想をおくる

作品紹介

「忍法帖」シリーズなどでおなじみ、昭和の大作家・山田風太郎が医学生だった昭和20年に綴った『戦中派不戦日記』を、『マリーマリーマリー』『プリーズ、ジーヴス』シリーズの勝田文がコミカライズ。

戦地に赴くことがなかった山田青年は、その葛藤を抱えながらも、当時の日本の様子や問題点を、ときに鋭く、ときに感情的に、日々書き続けた。

日本のターニングポイントとなった昭和20年は、彼の目にどう映ったか!?

著者紹介

山田風太郎(原作) やまだ・ふうたろう

1922年(大正11年)兵庫県生まれ。東京医科大学在学中の'47年、探偵小説誌「宝石」の第1回懸賞募集に「達磨峠の事件」が入選。'49年に「眼中の悪魔」「虚構淫楽」の2編で日本探偵作家クラブ賞短編賞を受賞。'58年から始めた「忍法帖」シリーズでは『甲賀忍法帖』『魔界転生』などの作品があり爆発的ブームに。2001年7月28日、79歳で逝去。『戦中派不戦日記』は'71年に刊行した。


勝田文(漫画) かつた・ぶん

漫画家。愛知県出身。1998年、集英社「YOUNG YOU」でデビュー。
主な作品に『マリーマリーマリー』 『小僧の寿し』(以上、集英社刊)、『プリーズ、ジーヴス』(原作 P・G・ウッドハウス/白泉社刊)など。

Twitter


NEWS


シェアする